DRIVING LUXURY. 最も革新的なラグジュアリー・セダン、BMW 7シリーズ。

DRIVING LUXURY. 最も革新的なラグジュアリー・セダン、BMW 7シリーズ。
多彩なドライビング・ラグジュアリーをあなたに。
ステアリングを握る。リヤでラウンジ気分を楽しむ。
どちらもこみ上げるのは、かつてない歓び。

知性を感じさせるエレガンスな佇まいに、オーナーの誇りを感じる。

知性を感じさせるエレガンスな佇まいに、オーナーの誇りを感じる。

「ため息が漏れるほど。」

堂々として伸びやかなボディ。私は、この真横から眺める精緻なラインがお気に入りだ。圧倒的な存在感、そしてダイナミックな走りを連想させる演出。見るたびに、オーナーとしての歓びをしみじみと感じるのである。ラグジュアリーなシチュエーションに溶け込む、艶やかにきらめく美しいスタイリングは、オンもオフも問わず、使い勝手が良い。
フラッグ・シップモデルである存在感と品の良さは、伝統の意匠の積み重ねなのだろう。
それは乗り込むと確信に変わる。

BMW 7シリーズのデザイン

BMW 7シリーズのデザイン

光のアートで彩られた寛ぎ空間
光のアートで彩られた寛ぎ空間

最上級の誂えに囲まれる、贅沢な時間。

まるでラグジュアリー・ホテルのような贅を極めた室内は、私の一番のお気に入りの空間だ。喧騒から切り離された、くつろぎの空間であり、ビジネスアイディアを巡らす貴重な時間でもある。レザー・フィニッシュ・ダッシュ・ボードが、室内にさりげない高級感を主張する。ヘアライン加工されたアルミニウムをアクセントに使用したセンターコンソール・パネルは、モダンなインテリア空間を演出。磨き上げられた杢目には風格さえ感じられる。最上の競演、そして贅沢なおもてなし。なんて居心地良い空間なのだろう。
アクセル・ペダルを軽く踏むと、滑りだすように加速をはじめた。

光のアートで彩られた寛ぎ空間

ビジネス・エリートに大切なのはリスク・ヘッジ。

新たな未来を照らし出すBMW レーザー・ライト

私には守るべきものがたくさんある。

ステアリングを握ると、いつも考えることがある。それは事故のリスクをどうすれば回避できるかだ。
仕事の面でもプライベートでも、安全への先回りは大事なことだ。この7シリーズには走行中の予期せぬ危険や疲労につながる操作を軽減させる、ドライバー支援システムが充実している。移動中のトラブルは、これで大きく減らせるはずだ。
夜間のドライブも、レーザー・ライト・テクノロジーを使ったヘッドライトが頼もしい。このライトは600m先までをも照射してくれる。はるか先の状況まで見渡せるので、安心して夜道を走ることができるのだ。

新たな未来を照らし出すBMW レーザー・ライト

新たな未来を照らし出す
BMW レーザー・ライト

SF映画のような最先端のコントロール・コンセプト

ロング・ドライブが
大きな歓びに変わる。

数々の先進装備はロング・ドライブをより快適なものへと変えてくれた。もう私は運転にだけ集中すればよい。例えば電話がかかってきたら、コントロール・ディスプレイの前で指を動かすだけで受信ができる。様々なインフォメーションはヘッドアップ・ディスプレイでフロント・ウインドーに投影されるので、常に前方の道路状況に集中できるのだ。
クルマでの長旅は実に刺激に満ち溢れている。あの時のように、気ままなロング・ドライブに出かけてみるのもいいかもしれない。

SF映画のような最先端の
コントロール・コンセプト

オーダーメイドの様な特別な空間がその手に

後部座席には
秘密の歓びが隠されている。

最高級インテリアがラグジュアリーに出迎える後部座席も私の特等席だ。タッチパネルはさまざまな情報を表示、10インチ・ディスプレイはエンターテイメントを楽しむことができる。エクササイズも選べるマッサージ機能は、移動中の息抜きにぴったりだ。特にこのロング・ホイール・ベースのLiは、セグメント内で最も広い後部座席空間を有している。オプションでエグゼクティブ・ラウンジをチョイスすれば、まるでファーストクラスのような心地良さだ。
ふと見上げると、スカイラウンジ・パノラマ・ガラスサンルーフに映し出される無数の光が満天の星空のように輝いている。
そうだ、久しぶりに星を見にドライブへ行こう。

オーダーメイドの様な特別な空間がその手に

オーダーメイドの様な特別な空間がその手に

カーボンが走りを根底から変える

ドライバーズ・カーとしての歓び。

カーボンが走りを根底から変える

カーボン・アルミ・スチールの混合構造ボディは明らかに軽く、剛性感も高く、思う存分ドライビング・ダイナミクスの要求に応えてくれる。ハンドリングは俊敏でしかも車内静粛性は抜群だ。ツインパワー・ターボ・エンジンは卓越したレスポンスと力強いパワーで、威風堂々としたボディを軽々と加速させるのだ。
久々にドライビング・パフォーマンス・コントロールを「スポーツ」に入れてみる。瞬時にサスペンションは引き締まり、ステアリングの手応えもスポーティに変わる。メーター・パネルの表示もエキサイティングな赤へと変わる。ダイナミックな走りへの気持ちが昂ぶるのがわかる。

カーボンが走りを根底から変える

最高峰クラスに君臨する存在。

ドライビング・ラグジュアリー。この言葉がまさに当てはまる。ステアリングを握る時も、
後席パッセンジャーで革新的なコンフォート機能を堪能する時も、
最高のエレガンスと歓びを感じるのだ。
そう、全てを叶えてくれるのがこのBMW 7シリーズなのである。

最上の寛ぎを叶えるラグジュアリー・セダン
BMW 7シリーズを堪能する特別モニター体験

最上の寛ぎを叶えるラグジュアリー・セダンBMW 7シリーズを堪能する特別モニター体験

数々の先進テクノロジーによりもたらされる、究極のセーフティと極上の乗り心地。
あらゆる面において最高水準を満たす格別のドライビング・プレジャー。
ラグジュアリーという概念の基準を超えて生まれた、Driving Luxury “BMW 7シリーズ”。
その真価を存分にご堪能いただける特別モニターを厳選のアクティビティとともにご用意しました。
究極のドライビング・ラグジュアリー「BMW 7シリーズ」の魅力を、さまざまな角度から心ゆくまでお愉しみください。

ご応募はこちら

応募期限:2017年7月5日(水)

特別な個性を備えたフラッグシップモデル。

M760Li / Excellence

V型12気筒の圧倒的なパワーを実現。

M760Li xDrive / M760Li xDrive V12 Excellence

M社が7シリーズ セダンをベースにして開発した最初のM Performanceモデル。V型12気筒 BMW M Performance ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、0-100kmはわずか3.7秒という速さで加速していきます。M760Li xDriveがダイナミズムをさらに極めている一方で、M760Li xDrive V12 Excellenceはラグジュアリーな資質にいっそう磨きをかけています。

M760Li xDrive

740e

eDriveテクノロジーを採用した
新世代のプラグイン・ハイブリッド・モデル。

740e iPerformance

圧倒的なドライビング・ダイナミクスとともに電力だけで走るゼロ・エミッション走行を実現し、最高の効率と高い環境性能を可能にしています。 バッテリーがフル充電された状態では、モーターだけでおよそ42kmのゼロ・エミッション走行が可能。 早朝、深夜など、エンジン音がきになる場合でも、ほぼ無音での走行が可能です。

740e iPerformance

740i / Li

現代最高のエンジニアリングを結集。

740i / 740Li

ツイン・スクロール・ターボチャージャーとバルブトロニック、ダブルVANOS、そして高精度ダイレクト・インジェクション・システムを組み合わせた直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。 0-100km/h加速は740i で5.5秒*1、740Li で5.6秒*2 を達成しています。さらに、この革新的なエンジンは環境性能にも優れ、燃料消費量は12.2km/ℓ*2 まで低減しました。

750i / Li

0-100km/h加速は4.7秒をマークする卓越したパフォーマンス。

750i / 750Li

BMW 750i/750Li*1 には V 型8 気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。最高出力は330kW〔450ps〕最大トルクは650Nm〔66.3kgm〕/1,800-4,500rpmを軽々と達成します。高精度ダイレクト・インジェクション・システムは優れた燃費性能に貢献し、信号待ちなどの短い停車時間に一時的にエンジンを自動停止させることで、さらなる燃料消費量の低減を実現しました。

740Li / 750Li / M760Li xDrive / M760Li xDrive V12 Excellence

究極のリラクゼーション空間。

740Li / 750Li / M760Li xDrive / M760Li xDrive V12 Excellence

ロング・ホイール・ベース・モデルのLiには「エグゼクティブ・ラウンジ・シート(5人乗り)」と「エグゼクティブ・ラウンジ(4人乗り)」という2つのオプションが設定されます。コンフォート・シート(リヤ)や後席マッサージ機能、リヤ・シート・エンター・テインメント・エクスペリエンスなど、贅を尽くしたおもてなし空間が広がります。

  • *1:ヨーロッパ仕様車値(自社データ)
  • *2:燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値)。燃料消費率は、定められた試験条件での値です。 使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。