Autonomous

自動運転の現在とこれから

Autonomousの
5つのレベル

1990年代。自動運転がSF小説や映画にしか見られなかった時代から、BMWでは自動運転に取り組んでいます。
そして次の10年間は、過去30年以上にわたるこれまでに比べて、大幅に変化します。
5つのレベルがあるとされている自動運転。
各レベルで自動車がドライバーの役割をどの程度担うのかご紹介します。

  • LEVEL0ドライバーのみ
  • LEVEL1運転支援
  • LEVEL2高度な自動運転
  • LEVEL3ドライバーのみ
  • LEVEL4完全な自動運転
  • LEVEL5自律運転

1

運転支援

早期警戒システムなどによる支援で、ドライバーの脚を解放します。例えば、前方車両との車間距離の自動調整や、衝突を防ぐための歩行者警告など。これらはレベル1のオートメーションは、現在全てのBMW車に備えられているものです。

2

部分的な自動運転

部分的な自動化はすでに現実のものとなっており、最新のBMWに搭載されています。ハンドル操作や車線コントロールアシスタントなどの半自動走行支援により、運転がはるかに簡単になります。

3

高度な自動運転

この段階では、運転者に特定の条件下で道路からの注意を完全になくす自由を与えます。条件付きオートメーションシステムにより、自動車は、高速道路などの特定の交通状況で長距離にわたって自律的に運転することができます。BMWでは、2021年を目標に、数年間に渡って公道で高度に自動化された運転をテストしています。

4

完全な自動運転

レベル4は、完全に自律的な運転とみなされますが、運転手は依然として制御でき、車にはまだ操縦席があります。自動車はほとんど独立しており、運転手の介入なしに、複雑な運転状況に車が対応できるようになりますが、ドライバーは運転できる状態でなければならず、必要に応じてコントロールすることを求められます。

5

自律運転(ドライバー不在)

レベル3、レベル4と異なり、レベル5は真の自律運転です。運転手は運転する必要はなく、免許を必要としない。クルマはあらゆる操縦作業を行います。操縦席はなく、車内の誰もが乗客となるのです。

BMW VISIONARY MOBILITY キャンペーン